kouta.com

sumahoと一緒に…

yoppiの雑記ブログ

仕事をすっぽかしてしまった話からキューブラー=ロスの死の5段階レベルを当てはめてみた

かなり凹んでいます。人生楽しいことばかりとはいきません。自らのポカミスで仕事をすっぽかしてしまいとても憂鬱な気持ちでブログを綴っております。

「うつむく人 無料画像」の画像検索結果

事の発端

かけ持ちで仕事をしておりまして(要は副業)、副業をすっぽかしてしまったのです。本業とは別に休日に勤務を入れて月に数回出勤しているのですが、出勤日を入れ間違えて(本当は2日なんですが8日と勘違いしてしまっていた)勤務時間に私が現れなかったため管理者から電話が入り初めて気づいたという始末です。

いくら副業でも契約です

「契約 無料素材」の画像検索結果

仕事を休んだりするときには必ず一報を入れるのが社会人としての最低限のルールですが、当の私は気づいていないため「無断欠勤」とも取れます。

会社「よっぴさん、今日出勤ですよ」

 

私「え?私8日に入れたんですが…」

 

会社「今日出勤になってますよ」

 

私「すみません、今から急いで向かいます」

 

会社「代わりの人が来たので大丈夫です」

 

その後は終始平謝りでした。

やっちまった・・・(汗)

罪悪感ハンパないです。マイナス思考の私にとって、自分がコントロール出来なくなるレベル。

さまざまな思考過程をたどる私

まさにキューブラー=ロスの5段階と呼ばれる階層に似た心理状態に陥りました。

エリザベス・キューブラー=ロス(独:Elisabeth Kübler-Ross、1926年7月8日 - 2004年8月24日)は、死と死ぬことについての画期的な本(『死ぬ瞬間』,1969年)の著者として知られる精神科医

著書において、彼女は初めて今日では「死の受容のプロセス」と呼ばれている「キューブラー=ロスモデル」を提唱している。まさに死の間際にある患者とのかかわりや悲哀(Grief)の考察や悲哀の仕事(Grief work)についての先駆的な業績で知られる。

エリザベス・キューブラー=ロス - Wikipedia

Wikipediaより

1.否認と孤立

電話を切った後はしばらく混乱に陥りました。

「本当にオレが悪いのか?もしかしたら何かの間違いではないか??」という疑念が頭を過ぎります。

「NO 無料画像」の画像検索結果

 

2.怒り

「オレはなんで気づかなかったんだ…」という自己に対する怒り、次第に自己嫌悪に陥ります。ぶつけようのない憤りが頭の中を支配します。

「怒る 無料画像」の画像検索結果

 

3.取引き

信仰心などありませんが、この状況を神頼み「神様、どうか私を救って下さい」などと都合のいい方向へ自分を誘導し納得させる。

f:id:ayayuito_japan2012401:20170803000443p:plain

 

4.抑うつ

祈ったってどうしょうもない。どう考えても自分が悪い。これが覆ることなんてありゃあしないんだ・・・という諦めの境地

「抑うつ 無料画像」の画像検索結果

 

5.受容

私が過ちを犯してしまった(犯罪ではありませんが)んだから迷惑を掛けてしまったしまった人に謝罪しよう。

f:id:ayayuito_japan2012401:20170803001113p:plain

 

まとめ

キューブラー=ロスの死の5段階は大袈裟でしたがこれに似た段階を経てようやく冷静さを取り戻し、代わってくれた方へ謝罪と感謝を伝える事ができました。

 

私「今日は本当にすみませんでした。そして急遽代わって頂きありがとうございました。」

次回出勤した際にはもう一度謝罪をしていくつもりです。

ここまでブログを書くことで気持ちがさらに楽になりました。 

 

www.kouta-daily.site

 

ご視聴ありがとうございました。