kouta.com

sumahoと一緒に…

yoppiの雑記ブログ

関東の雪とスタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤは冬期の必須アイテムの一つとなりました。積雪地域では無くてはならない装備ですが、私の住む関東・埼玉では積雪なんてワンシーズンにあるかないか程度です。もう3月ですが今シーズン降雪はありましたがまだ積雪には至っていません。

f:id:ayayuito_japan2012401:20170301213928j:plain

意外と装着率が高い

職場の人達の殆どは冬を迎える前(迎えてから)にスタッドレスへ交換しています。私もその一人です。タイヤチェーンの人もいますが少数派です。

降らないに越したことは無いんだけど…

こっちで雪が積もると即交通が麻痺します。大渋滞を引き起こし通勤ができなくなります。

「今年は雪が降らないね~せっかくスタッドレスにしたのに」

ましてスタッドレスタイヤは高価でもあり、自力で交換できない人はディーラーやガソリンスタンドへ依頼して作業してもらいます。更に今では自宅で保管できない人用に保管の代行なんてのもあります。タイヤ代だけではなく管理にもお金を取られるのです。

 ウインタースポーツをする人は…

私もウインタースポーツはやります。スタッドレスタイヤであればの脱着がないので目的地まではノンストップで行けてしまいます。寒い中チェーンの脱着なんてやりたくもないです。

まとめてみると…

関東の雪はすぐに渋滞を引き起こす、よって急な積雪で路肩でのチェーンの脱着は困難、まして都心であれば路肩などありません。しかし最近ではタイヤにかぶせるタイプの布チェーンやスプレータイプのチェーン(これはチェーンと呼べるのか?)が販売され車に積んで置けばすぐに対応することも可能です。

これらはあくまで一時しのぎです。

中古タイヤという選択

私は自分の車に合った中古タイヤを購入しました。選ぶ基準としては製造年の比較的新しく溝が8分以上のものです。これで新品より2~3万円は安く買えます。新品に越したことはないのですが雪国でもないのでそこそこの中古をチョイスしました。

以前インプレッサというスポーツカーに乗っていた時235-45-17というサイズでした。これでスタッドレスを選ぶとホイール付きの新品スタッドレスで軽く15万は越えます。タイヤにそこまでお金を掛けられないのでこのときの教訓から中古に手を出し始めました。現在に至るまで特に異常なく使えています。

タイヤには製造年が刻印されていますので中古を買うときには参考にしてみてください。

 

雪道でノーマルタイヤはとても危険です。自分の地域やお財布事情にあった用品を選択したいものです。

 

 

ご視聴ありがとうございました。