kouta.com

sumahoと一緒に…

yoppiの雑記ブログ

サンタを信じてとは言わないが…我が家のクリスマス

小4の娘は既にサンタを信じておらず「パパサンタ」などと言って私を困らせます。しかし下の息子(小1)はサンタは「パパ」では無くトナカイに乗って夜にやってくると信じています。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161224194941p:plain

厄介なのは上の子が下の子を茶化すのであります。「サンタなんていないよ正体はパパだから」と。

言わなくていいのに…

娘いわく去年のクリスマスの時にパパがプレゼントを枕元に置いたのを見た。また友達の話ではプレゼントの袋がトイザらスと書いてあった。などがサンタはいないと言う理由です。

サンタをいつまで信じてると題したブログを拝見しますと、小学校高学年になるに連れサンタ信仰は減少していきます。

私が子供の頃はサンタを信じていませんでした。枕元にプレゼントという手法ではなく、クリスマスの時期におもちゃ屋で気に入ったおもちゃを買うというスタイルだったからです。そして小学校高学年になると現金でした。なんとも夢の無い話です。

サンタはAmazon

ネット通販が普及している今日では子供のお気に入りのおもちゃはAmazonでポチッとしています。12月初週くらいまでに欲しいものをリサーチして購入しておきます。物によっては売り切れてしまうので。

クリスマスケーキ

妖怪ウオッチの「キャラデコ」息子のリクエストです。味はまあまあでした…

f:id:ayayuito_japan2012401:20161224185804j:plain

 

早く寝ようとする子どもたち 

「サンタはいない」なんて言っててもプレゼントは欲しいものです。今夜も枕元に置いてあげようと考えています。いつもはダラダラと過ごしているのに妙にテンションが高く、率先してお風呂に入り寝る態勢を作ろうとしています。

「もう寝るね」「まだ7時だよ」

明日起きてどんな反応を示すか楽しみです。「信じてる」「信じてない」ではなくプレゼントを心待ちにする気持ちを大切にしてあげたいと思いました。

皆さんはどのようなイブをお過ごしでしょうか…?

 

ご視聴ありがとうございました。