kouta.com

sumahoと一緒に…

yoppiの雑記ブログ

学校給食の話とオヤジの本音

小学一年の長男といつもお風呂に入っています。他愛もない一日の出来事を聞く場にもしていて特に「給食」について良く話をします。

「今日の給食何食べたの?」

「今日はお楽しみ給食だったんだよ。」

子供の通う小学校ではクリスマスの時に「お楽しみ給食」という特別メニューが配膳されます。私が子供の頃にもこの「お楽しみ給食」は存在しました。かれこれ26年も前の事ですが牛乳はコーヒー牛乳へ変更され、揚げパンでとチキン、さらに小振りですがクリスマスケーキが出たのです。懐かしいなぁ。

「で、何が出たの?(メニュー)」

「うーんと、渦巻きのパンとコーヒー牛乳と唐揚げの豚肉バージョンとまずいゼリー」

「??…美味しかったの?ケーキは?」

「おいしかったよ。渦巻きのパンが超うまかった。それにケーキなんか出るわけないし」

まずいゼリー?上の子(小4)に聞いてみると…

「マンゴーみたいな杏仁豆腐みたいなヤツ」との事。

んー良くわからない…

というか、渦巻きのパン??どんなパンなんだ?

唐揚げの豚肉バージョン???

はっきり分かるのはコーヒー牛乳だけ。

献立で確認しようとしたが出てこなかったので詳細は不明のまま。

家の食事は残すくせに給食はいつも残さず全部食べてる様子。

家の顔と学校の顔をうまく使い分けてるようなのです

時々「今日牛乳ジャンケンで勝ったよ」と嬉しそうに言うこともあります。

どうやら余った牛乳(お休みの児童の分)をおかわり希望の複数名でジャンケンして争奪するようです。

 

「良かったね〜」でも…

 

 

 

 

 

 

 

 

…家でもちゃんと食べてくれよな…

 

 

ご視聴ありがとうございました。