kouta.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sumahoと一緒に…

yoppiの雑記ブログ

HUAWEI honor8にAndroid7.0が降ってきたのでおさらいしてみる

先月HUAWEI honor8のアップデートテスター募集の記事があり募集人数100名ということでしたがダメ元で応募してみました。

 そうしましたら本日(12/3)アップデートの要請があったので早速アップデートしました。正式アップデートは2017年1月中旬を予定していますが、品質向上のために遅れる可能性もあるようです。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161203205319p:plain

約45分位を経て無事Androidバージョン7.0とEMUIバージョン5.0へアップデートされました。

デフォルトではAndroidバージョンは6.0です。では7.0になってどう変わったのか?ググってみると250以上の機能強化が実施されているようですがここでは主な改善10個を挙げてみたいと思います。

1.マルチウインド

Androidバージョン7.0となっての目玉機能です。当然honor8でも利用可能です。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161203211439p:plain

タスクボタン(◻ボタン)を長押しすると上下に2分割されます。利便性については疑問ですが、上にWEBページ、下にグーグル・マップを表示なんて使い方もできます。LINEアプリにはまだ対応されていないらしく分割表示はできませんでした。

2.通知センター(デザインと操作性の向上)

f:id:ayayuito_japan2012401:20161203211941p:plain

まずデザインの変更が目を引きます。(6.0の画面が無くてすみません)比較すると通知領域は横幅いっぱいに広がり見やすくなりました。通知時間をタップすると拡張表示されるのでアプリに移動しなくても通知センター内で操作(返信)できてしまいます。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161203212657p:plain

さらに横にスワイプするとアプリの設定画面に行くことができます。

3.クイック操作パネル

通知バーをさらに下へスワイプすると操作パネルが現れます。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161203212842p:plain

スマホの細かい設定がここでほとんどできてしまいます。設定項目の追加や削除もできます。

4.データセーバー

バイルデータ通信を抑える機能で、バックグラウンドでの通信制限をアプリごとに制御します。他にもストリーミングのビットレート制限、画質の低下による消費量節約が実施されるとのこと。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161203215659p:plain

こんな設定元々あった気もするが…要はバッテリーの持ちが良くなる設定です。

5.設定画面にショートカット表示

f:id:ayayuito_japan2012401:20161203215829p:plain

設定画面の左側を右スワイプすると画面のようなショートカットができるようになりました。知らないと見過ごしてしまいそうな機能です。

6.ピクチャーインピクチャー

Android7.0のTVとの間で利用できるようですが、AndroidTVを持っていないので詳細は不明

7.ダイレクトブート

端末の電源を入れてロックを解除する前の段階にアプリを実行できるようにする特別な動作モードです。ダイレクトブートを利用すると、端末を再起動させて眠ってしまった場合でも着信や通知を受信し、アラームは予定通り鳴動するようになります。就寝時に再起動そスケジュールを組んでいてもアラームはいつも通り鳴るということです。

ちょっと難しいので今後試してみたいと思います。

8.省エネ機能「Doze」の強化

6.0でもありましたが7.0ではさらに強化されているようです。しばらくスマホをいじっていないとスリープに移行。Dozeモードはバッテリーのもちをよくするのに大きな役割を担っています。Dozeモードは基本的に有効化されているので、特に設定をいじる必要はありません。

9.アプリのプログレスサークル

f:id:ayayuito_japan2012401:20161204164607p:plain

アプリを入れた時や更新の時に基本画面で更新までの時間をサークルで表示してくれる機能が付与されました。

10.ブルーライトカット機能

f:id:ayayuito_japan2012401:20161204165938p:plain

ブルーライトカット機能は「夜間モード」内で利用できる機能で、正式名称は「ティント調整」となっています。honor8では、視力保護モードの中にティント調整があり段階的に色温度を調整できます。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161204171120p:plain

この機能はiPhoneにもありますね。ブルーライトを効率的にカットしてくれるのは嬉しいです。ブルーライトカットフィルムは不要でしょう。

個人的所感

f:id:ayayuito_japan2012401:20161204175516j:plain

左上の通知表示は6.0のほうが見やすかったですね。

6.0ではLINE通知の場合個別のプロフィール画像で通知されましたが7.0ではLINEアプリの表示となってしまいました。それに表示が小さくなってしまい見にくくなりました。

更に言うとiPhoneのように上部をタップするとページのTOPに一気に戻れるようにして欲しかったですね。

それとバッテリーに関してのアップデートが多いように感じましたね。

さいごに

iPhoneと違いAndroidでは提供会社がそれぞれ(ASUSSONY、HUAWEI等)独自の機能を有していたりします。OSバージョンアップの時期についても統一されていないし、バージョンアップが突然打ち切られたりもするのでiPhoneを長年使っていた私にとっては不安要素の一つでもありました。8.0の頃に今の端末を使っているかはわかりませんが、7.0へのバージョンアップはひとまず安心しました。

 

 

 

www.kouta-daily.site 

ご視聴ありがとうございました。