kouta.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sumahoと一緒に…

yoppiの雑記ブログ

カメラが欲しくなったので購入計画を立ててみました。

カメラが最近欲しいと思っている私です。

カメラと言えばやはりこれ…かつて週刊少年ジャンプで連載されていた「ろくでなしブルース」に登場するカメラオタクの「中島」

f:id:ayayuito_japan2012401:20161106122043p:plain

今のカメラは女性受けを狙ったおしゃれなモデルもたくさん出ています。今やカメラ=オタクではありません。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161106123059p:plain

カラバリや種類が豊富。正直言ってなにが良いのか決めることができません…。なので私なりの用途を整理してみました。

1.子供の撮影(普段撮りから行事、録画機能も欲しい)

子供の撮影と言っても我が家の場合は下の子が小学生なので、寝顔を撮ったりとかはもうありません。季節の行事や出かけた時に撮る程度です。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161121093424p:plain

「子供の撮影」と検索するとこのような画像が出てきました。(うちの子じゃないよ)1~2歳位の子供ってとても可愛かった時代。もっといろんな映像を残しておけば良かったァ…と思いますね。子供に強いカメラをさらに検索してみると、

オートフォーカスが速い

・ボケやすいレンズ

イメージセンサーが大きい

・小型軽量であること(ミラーレス)

とありました。オートフォーカスが速いのは運動会の撮影やジッとしてられない子供によってはとても有効です。ボケ味も一つの楽しみですね。3つ目のセンサーサイズは下記の通り。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161121094558p:plain

小さなセンサーの場合はまず、カメラやレンズを小さく・安くできるといったメリットがあります。反面、大きなボケのある写真撮影が苦手になりやすいといったデメリットもあります。センサーサイズの大きなカメラがプロをはじめ多くのユーザーに支持されている理由は、得られる写真が高画質であるためです。とはいえ大きく・高価なカメラを普段持ち歩くのは大変ですので、気軽に持ち歩けるサイズのデジタルカメラにも多くの需要があります。

 大きいセンサーであるとボケ味が得意ということでしょう。そして高画質であることも大きなメリットです。

 2.風景や花の撮影

f:id:ayayuito_japan2012401:20161121100657j:plain

 

スマホでも花や風景はそこそこキレイに撮れますがせっかくカメラを新調するのですからここはカメラで撮ってみたくなります。こちらも検索してみると「マクロレンズ」と出てきます。要するに…

被写体に寄ると自然と大きくなるので、寄れるレンズがマクロと思いがちですが、大きく写せるものをマクロレンズといいます。なので中望遠レンズなど、近くに寄ることができなくても、被写体を大きく写せるのなら「マクロレンズ」です

花などの被写体をキレイに撮るとなるとレンズ交換ができるカメラということになりますね。どこまでやるかわかりませんがコンデジ買った後に「もっとキレイに撮りたい」と思うなら、初めからレンズ交換が可能なものを選んでおけば間違いないと思われます。

3.持ち運びが楽

以前はCanon一眼レフを持っていました。しかし、こいつはキレイな写真が取れるのは間違いないんです、間違いないんですが…(重要なので2回繰り返しました)持ち運びが大変で気軽に持ち歩けないんです。

出先で子供が寝てしまい抱っことなるとカメラバッグはとても邪魔という経験がありました。そうなると撮影はもっぱらス・マ・ホです。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161121102107p:plain

また、重たいとカメラを持ち歩く頻度が一気に減ります。遠出するのに、大きなカバンに入れなくてはいけなかったり、ちょっと散歩をする時も、肩にかけて歩いていると、なかなか邪魔になることが多くあります。雨でも降ってきたりすると…いつの間にか、持ち歩く頻度が減って、引き出しの上とかに放置されてしまいます

 どなたかのブログでこんな一文がありましたが、まさに私の事のように思いました。

4.コスパ重視

 上記の事を踏まえますと一眼レフのようなカメラを購入したところで出番はなくなってしまうので、レンズ交換が行えるコンパクトということで「ミラーレス」となりました。月3万円の小遣いをコツコツ貯めてきた(資金約10万)のと、前述したCanonのEOSX4を下取りして購入を考えていくと…

 f:id:ayayuito_japan2012401:20161121102525p:plain

2014年2月発売のα6000が10000円キャッシュバックキャンペーンをしています。

このα6000はボディの重量は285gと軽量であるのも気に入りました。(最新のα6500は410gでボディのみでも約14万…購入対象からは外れました。)

価格.comでは最安77000円(α6000ダブルズームレンズキット)(11月中旬)

10万で釣りがいくら残るか…

まとめ

カメラ素人の私にとってα6000はかなりのオーバースペックですが決して手の届かない値段ではないので前向きに検討するようになりました。2年前発売のカメラですが用途的にはまだまだ行けるものと思っています。

次回はその購入編となります。

 

ご視聴ありがとうございました。