kouta.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sumahoと一緒に…

yoppiの雑記ブログ

クレジットカード使わない派の私がAEON デビットカードを使っての感想

レビュー

今日はクレジットカードのお話しです。

クレジットカードを「使う派」、「使わない派」の方がいるかと思いますがどちらかというと私は「使わない派」でした。

しかしクレジットカードを使うことによってポイントを獲得し、溜めたポイントを他の購入資金に充てたり、と何かにつけてお得なのでイオンのクレジットカードを作ってみました。約8ヶ月が経ちレビューしてみたいとおもいます。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161004105707j:image

  1.「使わない派」であったとき出合った「auウォレットカード」

au WALLET(エーユー ウォレット)とは、auブランドを展開するKDDI、および沖縄セルラー電話2014年(平成26年)6月にサービス開始した電子マネーサービスである。プリペイドカードau WALLET カード、クレジットカードau WALLET クレジットカード、ポイントサービスau WALLET ポイントプログラム、以上から成る。

かつてau端末を使っていたときに2014年からサービス開始となったカードです。出始めの頃は10000円チャージで500ポイント付与という破格のキャンペーンを行っていましたので、即カードを作成。このとき「じぶん銀行」の口座開設も条件でしたので併せて申し込みをしました。

このauウォレットはマスターカード利用ができる店舗で利用することができ、200円で1ポイント付与されます。セブンイレブンマツモトキヨシ等はポイントアップ店となっており200円で2ポイント以上獲得することができます。そして獲得したポイントは現金チャージと同様に支払いに使えます。

 f:id:ayayuito_japan2012401:20161004105714j:image

一見クレジットカードですがプリペイドカードです。

年会費はかかりません。普段使いでお得にポイントが貯められるので利用しやすかったのですが、auの解約とともにカードは無効となります。早くauを解約したかったので数ポイントは使えず仕舞いで終了となりました。

 

2.コスモ石油の「COSMO THE CARD Opus」を作る

近所のガソリン(私の車は軽油)最安店で店頭キャンペーンで「〇〇リットル半額」というお得なサービスに惹かれ申し込みしました。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161004113253j:image

それまで車にETCがなかったのでニコニコ現金払いで高速料金所を通過していました。ETCのほうが通過にストレスも無く、割引もあるため新車購入を機にETCを装備しました。しかし支払いはクレジットカードになるため適当なクレジットカードを持ちたいと考えていたところこのカードと出会い作ることにしました。年会費は無料です。200円で1ポイントの「ときめきポイント」が付与されます。

イオンと提携しているので、なんとなく安心かなぁ。

 

3.クレジットカードのポイント還元

ポイント獲得は店頭購入のみならず公共料金やスマホ、ネットでの購入等でも付与されます。ならばと思い家計の支出をクレジットカード払いにすればさらにお得なのでは、と考えました。

我が家では電気代、自動車の任意保険、スマホ代金、税金(固定資産税、自動車税)の支払いをカードに変更しました。NHKはどうしたかなぁ…しかし水道や保険は切り替えることができませんでした。(契約会社によっては可能な所もあるようです)

4.支払いのタイムラグ

クレジットカードで様々な支払いを行っていると決済日に「あれ?こんなに使ったっけ?」て思うことがあります。支払いを先送りにするので、根本的には借金と変わりません。早く返済してしまいたいという心理が働きます。遅いのだけはどうにかしてほしい…

そこで思うのはかつて使用していたauウォレットカードです。

現金でチャージし即時支払われる安心感とそれをスマホアプリで確認できるので使い過ぎに陥ることはありませんでした。

そんなカードを探していると…デビットカードなるものを発見しました。

5.デビットカードとは

要は即時決済可能なカードです。

ここではイオンデビットカードについてお話します。(他のカードは知らないので…)

イオン銀行カードを作成する

ここの口座から即時決済されます。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161004113305j:image

このカードにもクレジット機能が付いています。(イオン銀行キャッシュカード)

デビットカードを申し込む

「届け印の登録は最寄りのイオン銀行窓口で」との表示があり最寄りのイオン内にあるイオン銀行窓口に出向いて届け印の登録を行います。他のサイトにもありますが申し込みをして手元に届くのに私の場合3週間ほどかかりました。

なぜこんなに遅いのかというと

万が一預金口座残高が不足していても10万円まで立て替えます。

銀行システム停止時や、万が一預金口座残高が不足している場合に、一時的に10万円までご利用金額を立て替えます。

  • バックアップサービスでのご利用分は、ご利用日から締日(毎月10日)の間は、毎日1回預金口座から振替させていただきます。

 これの審査があるためだろうと思います。デビットでの支払いは口座にお金がなくても支払い可能。マイナスになるということです。(私的にはこれは不要です…)

f:id:ayayuito_japan2012401:20161004113312j:image

なにはともあれ普段使いでデビットカードは重宝しています。こちらもクレカと同様200円で1ポイントの付与となっています。ガソリンスタンドでも使えます。(この場合2,3日後に引き落とされます)

 

f:id:ayayuito_japan2012401:20161004124818p:plain

デビット使用でも5倍になります。

 こちらのアプリでイオン銀行の取引きをモニターすることができます。

ポイントに関しては「暮らしのマネー」サイトというPCサイトで確認ができます。

www.aeon.co.jp

クレジットやデビットでのお支払いの際に付与されるポイントはWAONではありません。「ときめきポイント」となります。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161004124635p:plain

ときめきポイントをWAONに交換できます。

 

所感

近くにイオンのスーパーがあり日々利用されている方はお得感が大きいと思います。店頭支払いのほか公共料金の支払いをイオンカードに切り替えるによってさらにポイントアップが狙えます。

f:id:ayayuito_japan2012401:20161004125457j:image

8ヶ月で5500ポイント貯めることができました。イオン店舗は少し離れているのでイオンは利用していないのがもったいない。

 

ご視聴ありがとうございました。