kouta.com

sumahoと一緒に…

yoppiの雑記ブログ

我が家の雑草達

我が家の雑草達を紹介します。

この時期は日照、降雨ともに雑草の生育に適した環境であります。

f:id:ayayuito_japan2012401:20160629173116j:image

雑草なので抜いてしまうのですが、抜きにくさをイライラ度として★で評価してみました。

 

f:id:ayayuito_japan2012401:20160629164509j:image

コニシキソウ★★

好光性の植物、ターフの芽数の少ない所、裸地部に発生しやすい。発生時期は5月から8月。

地面を這うのが特徴です。力で抜こうとすると根っこが残ります。

 

 

f:id:ayayuito_japan2012401:20160629164518j:imagef:id:ayayuito_japan2012401:20160629165200j:image

メヒシバ★

イネ科の雑草。さほど大きくない一年草で、根元の茎は地表を這い、立ち上がった茎の先に細い穂を数本、放射状に広げる。

あっさりと抜けます。

 

 

f:id:ayayuito_japan2012401:20160629164525j:image f:id:ayayuito_japan2012401:20160629173433j:image

 カタバミ★★★★★

地下に球根を持ち、さらにその下に大根のような根を下ろす。匍匐茎をよく伸ばし、地表に広がる。このため、繁殖が早く、しかも根が深いので駆除に困る雑草である。

こいつはかなり手強いです。(てゆーか花とかどーでもいいレベル→じゃあ載せんな)

根っこのネットワークで増殖するので抜くのに一苦労。芝生の中に生えるとさらに厄介極まりない。我が家の最強雑草です

 

 

f:id:ayayuito_japan2012401:20160629164534j:image

ハハコグサ

成長した際の高さは10〜30cm。葉と茎には白い綿毛を生やす。花期は4〜6月で、茎の先端に頭状花序の黄色の花を多数つける。

まぁ、抜くのは楽勝です。

 

 

f:id:ayayuito_japan2012401:20160629164544j:image

セイヨウタンポポ★★★

日本の侵略的外来種ワースト100選に入っている。花粉に関係なく、種子が単独で熟してしまう。そのため繁殖力が強く、都市部を中心として日本各地に広まり、特に近年の攪乱が多い地域を中心に分布を広げた。

力ずくで抜こうとすると根っこが残ってしまう。砂利でもお構いなしの生命力…

 

 

f:id:ayayuito_japan2012401:20160629164604j:imagef:id:ayayuito_japan2012401:20160629172325j:image

セイタカアワダチソウ★★
基本的に地下茎で繁殖するのだが
その地下茎から他の植物の害になるような物質を分泌するらしい。恐ろしい植物。

まぁ、抜くのはたやすいほうなので★2っ。

 

考察

シロート調査なので間違えがあるかも知れません。我が家の代表的な連中となっています。年間を通して繰り返し生えてきます。

根気良く抜いてあげましょう。

 

日本の侵略的外来種ワースト100 - Wikipedia