kouta.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sumahoと一緒に…

yoppiの雑記ブログ

セミセルフレジってなに

我が家がいつも利用するスーパーマーケットがセミセルフレジを導入しました。

f:id:ayayuito_japan2012401:20160625213807j:image

 

セミセルフレジはどのようなものか?

 

なぜあのようなスタイルになったのかをまとめてみました。

近所のスーパーのセミセルフレジは「スピードセルフ」と言われるタイプのもので…

  • 商品のスキャンと会計が分離(レジ係はスキャンのみ会計はセルフ)
  • クレジットカードはレジ係が行う

というものです。

 

メリットは…

 

通常のレジではスキャンは早いが、精算(金銭の受け渡し)でもたついてしまい時間がかかってしまう事です。セミセルフではお客様が機械に料金を投入して精算する事でレジ業務を1.5〜2倍捌けるそうです。ここのスーパーでは精算機が各レジに2台設置してありました。

 

考察

 

実際レジに並んで精算してみると、レジ係が手際よくスキャンしていきます。前に並んでいたお客様が精算機でもたついていたのですが、レジ係から「奥の方の機械でお支払い下さい」と言われ、精算終了(スキャン1台で精算機は2台)。

その間レジスタッフは次のお客様を捌く。

レジ係が金銭に触れないので衛生的にも良いと思いました。

f:id:ayayuito_japan2012401:20160625214650j:image 

 

ルフレジが浸透しなかった理由

 

このスーパーにはセミセルフレジが導入される前はセルフレジが4基ありました。

ここのスーパーではなぜセルフレジは無くなってしまったのでしょうか…

 

  1. 子ども連れのお客様の場合、子どもが楽しんでスキャンを行うため、時間がかかる。(あらかじめ子どもがスキャンできるように足台が用意されている)
  2. 一般のお客様ではスキャンの技術を習得していない為商品登録に時間がかかる。
  3. クレジットカード利用などの現金利用外では店員を呼ばないと処理が終われない。
  4. セキュリティ上の問題

 

購入品が少ない場合は、セルフレジは並んでいる人も少なく積極的に利用していたのですが、上記の理由から顧客層も様々で一概にスムーズに清算できるとは限らないようです。

このような点から普及が進まなかったでは無いでしょうか。

 

セミセルフレジ導入でスーパーマーケット側の能率性の向上や人件費の削減も見込まれるのでは無いでしょうか。

 

『セルフレジ』、『セミセルフレジ』の使い方について - NAVER まとめ

 

ご視聴ありがとうございました