kouta.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sumahoと一緒に…

yoppiの雑記ブログ

旧入間川橋梁 入間市 歴史

f:id:ayayuito_japan2012401:20160527213813j:image

 
入間市の仏子から入間川沿いに飯能方面に散歩すると、なにやら古びた橋梁がある。
今では使われてないが煉瓦造りの橋梁は壊される事なく今でもその姿を見せてくれている。
 
所在地:入間川、埼玉県入間市野田~仏子(ぶし)
 形式:上路プレートガーダー橋(6連、全長約100m)、煉瓦橋脚・橋台  
   建設年:大正4年(1915)
 
 西武池袋線元加治駅仏子駅の間に残る旧橋。武蔵野鉄道西武池袋線の前身)が池袋~飯能間で開通した大正4年(1915)に架けられた。武蔵野鉄道は飯能町や所沢町の資本家が計画し、出資して営業が開始された。西武池袋線の複線化に伴い、昭和44年(1969) に新しい橋梁が下流側にかけられたために、旧橋は廃止されたが橋梁と軌道盛土は撤去されずに現在も残っている。
http://www.geocities.jp/fukadasoft/bridges/tetudou/seibu/

煉瓦はイギリス積みという工法で

f:id:ayayuito_japan2012401:20160527214931g:image
東京駅の基本構造もこの様式である。
f:id:ayayuito_japan2012401:20160527213854j:image

昭和44年に複線化に伴い新しい橋梁がかけられた。今の西武池袋線。(下の写真)ここを通るとタイムスリップした感じである。

f:id:ayayuito_japan2012401:20160527213907j:image